肺がん治療や方法には、外科的治療、放射線療法、抗がん剤治療がありますが、肺がん治療方針や方法が治療前に決定されます
飾り

肺がん初期症状肺がん初期症状

肺がん治療と方法

肺がんの治療には、大きく分けて、外科治療(手術)、放射線治療、抗がん剤冶療(化学療法)の3つがありまが、治療の前に治療方針を決定します

肺がん治療の原則

医者の写真肺がん治療では原則として、組織型、病期、身体的状態の要素が治療方針を決定します。言い換えれば、これらの要素を総合して勘案しなければ、もっとも適合する治療法を選択することはできません。
組織型とは小細胞がんか非小細胞がんかということ、病期とは肺がんの進行状況、体力とは患者さんの身体的な状態のことを指します。それぞれをさらに細かく述べると、以下のようにまとめられます。
これら3つの要素の結果が揃ったところで、治療方針の決定という最終段階に入ります。この段階で非常に重要なのは、患者さんの意思です。医師が最良の治療法を選択したとしても、患者さんが治療法を理解したうえで納得し、同意していなければ、医師と患者さんの協力体制が崩れてしまいます。そうなると、狙いどおりの治療効果を上げることが難しくなってしまいます。

組織型の違い

肺がんでは、がん細胞の組織型(病理組織型)の違いが治療方針を大きく左右します。病理組織型とは、顕微鏡で見たがん細胞の形態の分類のことです。なぜ組織型が治療にかかわるかというと、肺がんはほかのがんに比べて、多様な組織型が存在するからです。そしてまた、組織型が異なる場合は、有効な治療法も異なってきます。そのため、治療方針を決定するうえで、患者さんの肺がんがどの組織型かを調べることは、非常に重要になってくるのです。とくに大切なのが、小細胞がんか非小細胞がん(腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん)か、という点です。これは主に放射線治療や化学療法を使った場合の治療効果が、両者の間で異なることが大きな理由になります。

肺がんの進行状況(病期)

肺がんの場合、病期は、I期からⅢ期まで含まれる局所病変と、Ⅳ期にあたる全身病変に分けられます。治療方針としては、局所病変であれば、外科治療、または放射線治療による局所治療を、全身病変に対しては全身化学療法を選択することになります。

身体的状態

身体的状態とは、組織型や病期から予定される治療が、現在の体力の許容範囲内にあるかどうか、ということです。どのような治療法を選択する場合でも、治療後、ある程度以上の生活の質を保持する必要があります。治療の影響で肝機能や腎臓機能が極端に低下し、治療を受ける前よりも体力が弱るといったことがおこってしまっては、治療がうまくいったとはいえません。治療に関連する重篤な合併症や死亡は、最低限に抑えなければならないのです。そこで、糖尿病や虚血性心疾患、肝硬変や慢性肝炎などの肝機能障害、腎機能障害、低肺機能(慢性肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患)などの病気がないか、持病がある場合はどの程度の症状なのか、といったことも治療方針の選択には重要な要素になってきます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ