放射線治療の特徴やメリット、原理(しくみ)について知ることが大切。肺がん治療に放射線治療は大きな役割を担っています
飾り

肺がん初期症状肺がん初期症状

放射線治療

放射線治療は、がんの病巣、その周辺を治療する局所治療のひとつ、Ⅹ線、放射線を病巣に照射してがん細胞の増殖を抑え、病巣の縮小、消滅をもたらす治療法です

放射線治療の特徴

臓器の働きや形を保つ
手術のように患部を切除する必要がないため、臓器の機能や形態をもとのまま温存することができ、治療前と同じょうな生活をすることも可能です。
ほかの治療法との併用でよりよい効果が得られる
放射線治療は、手術や抗がん剤による治療と併用することで、より高い治療効果が得られます。CTを利用して照射範囲を絞るなど、治療法の進歩によって治療成績が向上しています。
応用範囲が幅広い
がんを治すことを目的とした根治的治療、転移に伴う痛みや神経症状などを和らげる緩和的治療、手術後の再発を防ぐ予防的治療まで、広い応用範囲があります。合併症がある患者さんや高齢者などにも用いることができます。
短時間で行う苦痛のない治療
通常、放射線治療は何回かに分割して行われます。1回の治療は数分で終了し、治療中に痛み、かゆみ、熱さを感じることはありません。
副作用の少ないがん治療
予測される副作用については、できるだけ軽くするよう対策が講じられます。
外来治療が可能
放射線治療を単独で行う場合は、外来治療が一般的です。

がん細胞遺伝子を破壊して増殖を出来なくする

放射線治療根治的治療で使う放射線は、がん細胞の遺伝子を標的としています。がん細胞の中にあるDNAの鎖を放射線によって切り、がん細胞の遺伝子を壊すのです。このとき、がん細胞の周囲にある正常な細胞も、同じように放射線によって遺伝子が壊されます。しかし、正常な細胞は自分の力でダメージから回復することができるので、やがてもとに戻ります。
それに対してがん細胞は、遺伝子に与えられたダメージの修復が正常細胞よりも下手なので、ダメージから回復できません。遺伝子を壊されたがん細胞は、細胞分裂によって増殖することができなくなり、寿命が尽きると死んでいきます。そのため、がん病巣は次第に小さくなっていきます。こうしてがん細胞が減っていき、まったくなくなると、がんは根治したことになるわけです。このように、放射線による根治的治療は、「正常細胞とがん細胞とでは、遺伝子に受けたダメージから回復する能力に差がある」ということを利用した治療法なのです。よく、放射線治療はがん細胞を焼いて壊すものと誤解されがちですが、この治療は、がんを熱で焼き切るものではありません。

スポンサードリンク

ページの先頭へ