放射線の副作用は皮膚炎、食道炎、放射線宿酔、放射線肺臓炎、脊髄炎があります。副作用などの疑問は放射線治療の専門医に相談してください
飾り

肺がん初期症状肺がん初期症状

放射線治療、副作用

放射線治療期間中に出現する「急性放射線反応
放射線治療が終わってから出現する「遅発性放射線反応

副作用のメカニズム

放射線治療で、がん細胞に与えるダメージは、照射する量を増やせば大きくなります。ある程度の量までくると、あまり変わらなくなります。一方、正常な組織に与えるダメージも、放射線の量をある程度以上に増やすと大きくなり、副作用が出現することがあります。そのため放射線治療では、がん細胞と正常組織それぞれにダメージを与える放射線量が常に比較されます。ひどい放射線治療の副作用が残ることはあまりないですが、治療の途中や終了後に不快な症状が出る可能性は否定できません。

急性放射線反応の症状

肺がん治療では皮膚炎と食道炎が起こる可能性が高い急性放射線反応です。

皮膚炎

皮膚の細胞は、がん細胞と同様に分裂が盛んで、放射線に対しても敏感なため、外部照射による治療の場合、皮膚に放射線があたることは避けられず、皮膚炎をおこすことがあります。治療開始から2週間ほど過ぎると、日焼けと同じように皮膚が赤くなり、次第に黒くなったあと、やがて皮がむけて徐々にもとに戻ります。放射線の量や刺激により、ただれたり潰瘍ができたりすることもあります。

食道炎

食道炎とは、食道の粘膜が放射線によって日焼けした状態の事を言います。食道は口と胃をつなぐ臓器で、気管のすぐ隣を走っており、肺がんの放射線治療では、よく放射線があたる部位なので、食道炎になります。2週間ほどたった頃に現れ、治療が終われば2週間ほどでピークを越えます。食道炎がおこると、胸やけがしたり、食べ物がどにつかえる感じがしたり、無理に飲み込むと痛んだりします。

放射線宿酔

全身のだるさ、むかつき、めまい、味覚の変化、食欲不振など、二日酔いのような状態になることがあります。食べ物の好みが変わったりすることもあります。これらの症状は、放射線治療を開始してしばらく経験することがありますが、徐々にもとに戻ります。治療中に食べ物の好みが変わった場合は、口に合うものを食べるなどして、体調に合わせた生活をしてください。

遅発性放射線反応の症状と対策

遅発性放射線反応は、治療開始後ある程度の時間を経てから現れる副作用です。照射した放射線の量や広さによって、おこる確率や症状は異なります。なかには重い症状が引きおこされることもあるので、治療に際しては放射線の量を慎重に検討し、発生した場合には重篤にならないような対策がとられます。

放射線肺臓炎

放射線治療の後半から、終了後半年ほどの間に発生することが多い副作用

ひどい咳や息切れ、38度以上の高熱を伴う肺の炎症などがみられ、時には酸素吸入が必要なはど息切れがひどくなることもあるので、早めの発見が大事です。通常は、ステロイドホルモンなどの薬で肺の炎症が広がらないようにし、炎症が改善するのを待ちます。放射線肺臓炎は命にかかわることもある副作用なので、放射線治療が終わってからも、熱や咳、息切れには十分注意しましょう。もし、そのような症状が現れたら、主治医に相談してください。

脊髄炎

放射線治療が終わり、長い時間が経ってから起きることもある副作用

脊髄の正常細胞が耐えられる放射線量は50G yで、この量を超える放射線がかかると脊髄炎がおこる可能性があります。非小細胞肺がんに対する放射線治療では、総線量60G yが標準ですが、脊髄はそれより低い放射線量でダメージを受けてしまうのです。脊髄に炎症がおこると、しびれや麻痺などの神経症状が出現し、患者さんのQOLは著しく低下してしまいます。そのため放射線治療に際しては、脊髄にかかる放射線の総量が50Gyを大幅に超えないよう、照射方法が工夫されています。

スポンサードリンク

ページの先頭へ