禁煙効果には、肺がん予防以外にも、沢山のメリットがあります。禁煙効果、たばこの正しい知識(肺の色や害)を知り、禁煙をしよう。美容にも効果大です
飾り

肺がん初期症状肺がん初期症状

禁煙効果と肺がん

禁煙効果

1.たばこ代が浮く 2.空気が新鮮でおいしい 3.食事がおいしい 4.たばこ臭が無くなる 5.歯が白くなる 6.肌がきれいになる 7.運動能力がUPする 8.思考力がUPする  9.がんの危険率が下がる

20分
血圧が正常になる
8時間
血液中の酸素濃度が正常になる
24時間
心筋梗塞のリスクが減る
48時間
味覚、臭覚が回復し始める
2週間~3ヶ月
循環機能が改善。歩行が楽になる
1~9ヶ月
咳、疲労、息切れが改善
5年
肺がんのリスクが半分に減る
10年
肺がんのリスクが非喫煙者と同程度になる

たばこは100害あって一理なし、禁煙はメリットしかありません。

たばこは美容の敵禁煙は、がん予防をはじめ、多くの疾患、生活習慣病を予防する一番の方法です。若い年齢で禁煙するほど効果が大きくなりますが、高齢になってから禁煙しても、禁煙継続者に比べて確実にリスクは減少します。肺がんの発症リスクも5年で半分、10年で非喫煙者と同程度のリスクまで減ります。健康的な生活、病気知らずの生活の必須条件ですが、そのほかにも禁煙により、ニコチンから離脱して、味覚が鋭くなり、体臭が減り、経済的で、ストレスが無くなり、肌や爪が綺麗になります。他にも数えればきりがない禁煙効果ですが、そのほかにもタバコのポイ捨て、タバコの煙などをまき散らしていたことや、家族や周囲に対する迷惑、家を汚していたことにも気がつきます。
たばこは麻薬と同じです。最初はニコチン依存症や、今までたばこを吸っていた習慣によって、禁煙を続けていくのも大変ですが、最初の3日、3週間と、無事に禁煙をつづけていけば3ヶ月後には、たばこの魔力から解放されて、たばこが嫌いな人の気持ちが分かるようになります。
たばこは、税金を搾取され、たばこを吸わない人に嫌われ、体も悪くする嗜好品です。たばこの呪縛から逃れましょう。

禁煙する?喫煙する?肺の色

喫煙と肺の色、比較

喫煙を続けていると、肺は真黒、肺胞も破壊されてしまいます。禁煙をしてもすぐに元どおりにはなりませんが、少しずつノンスモーカーの肺へ戻っていきます。なんにせよ、肺がんのリスクは一目瞭然です。それでもあなたは、たばこを吸いますか。。。

スポンサードリンク

ページの先頭へ