肺がん脳転移の症状や治療について。脳は肺がんで転移が起りやすい部位。専門医とよく相談をし、肺がん脳転移状況に応じた治療法を選択しよう
飾り

肺がん初期症状肺がん初期症状

肺がん、脳転移

脳転移の症状

1
ひどい頭痛
2
意識がもうろう
3
ふらつき
4
発語障害
5
吐き気
6
精神障害
7
片麻痺

脳に転移が起ると、病巣の増大、腫瘍周囲の浮腫によって脳が圧迫され、上記の症状を引き起こします。

脳転移治療

脳転移は、肺がんでもっとも転移が起りやすい部位のひとつになります。脳転移の治療は、放射線療法が中心になり、症状緩和を目的にステロイド薬を用いることもあります。治療の進め方として、まず、MRI検査などで転移巣の確認を行います。腫瘍が1~4個程度の時はガンマナイフによって定位手術的照射を行い、腫瘍の数が多数ある場合は、放射線を全脳照射を行います。
一年以内に再び症状が悪化する人が三分の一、脳転移が起きた人の4分の1は、脳転移が直接の死因になりますが、原発巣の治療もうまくいっていれば、良い結果が得られることもあります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ